1. ホーム
  2. 書籍
  3. 碧玉の男装香療師は、
  4. 碧玉の男装香療師は、二 ふしぎな癒やし術で宮廷医官になりました。
碧玉の男装香療師は、二 ふしぎな癒やし術で宮廷医官になりました。
試し読み

碧玉の男装香療師は、二 ふしぎな癒やし術で宮廷医官になりました。

孤独なお妃様を笑顔にする香りを求め、未知の国へ大冒険!

異国融和策が発令され、瞳の色を隠さず宮廷香療師として働き始めた月英(げつえい)。

他の医療では治せないと直々に依頼されたのは、国外から後宮入りしたものの心を閉ざしている妃――亞妃(あひ)を、香りで癒やすことだった。しかし、どんな香りを処方しても彼女を笑顔にすることは出来ず、月英は郷愁に沈む亞妃のため、故郷の香りを捜しに旅立つ決意をする。

初めての地で未知の草花に興奮する月英だったが、長年の鎖国を突然解いた萬華国(ばんかこく)からの不審者が怪しまれないはずもなく!?

発売日
2023年4月10日
判型
四六判
定価
1,430円(1,300円+税)
ISBN
9784040749297
  • カドカワストア
  • amazon
  • bookwalker

コミカライズ

関連リンク

FlosComicほかにてコミカライズ連載中!